365bet_外围买球app-体育在线¥¥

图片

1. 入学者受入方針(アドミッションポリシー)

(1)求める学生像
  • 高度専門医療人として医療現場における臨床的課題の解決に向けて挑戦する意欲を有する学生
  • 薬と疾病及びその予防に関し創造的研究活動を積極的に行い、社会に貢献する志を有する学生
  • 豊かな学識、優れた人格を身につけ、専門的職能を有する薬剤師として継続して研鑽する志を有する学生
  • 医療の基本となる倫理観を持ち、常に人と環境に配慮することができる学生
(2)修得しておくべき知識の内容?基準

研究を遂行する上で必要とされる365bet_外围买球app-体育在线卒業と同程度の薬に関する科学の基礎学力と科学英語能力に加えて、基礎研究又は臨床研究を遂行するための医療薬学の基礎的な知識と技術を有すること。

(3)入学者選抜方法

ア 博士課程

一般入学試験(社会人選抜も含める。)

出願書類の審査に加えて、学力検査(プレゼンテーションと質疑)及び面接の結果を総合して行う。

2. 教育課程の編成?実施方針(カリキュラムポリシー)

薬学専攻では、高度専門医療人としての薬剤師に必要な技能?態度等の修得とともに、臨床研究やその裏打ちとなる基礎研究、優れた医薬品の開発研究の遂行能力を養成する教育課程を編成する。研究技術?手法を修得するための基礎科目、学位に関連する研究領域の専門科目、医療機関における実務に基づく課題解決に向けての演習科目の開講により幅広い視野と国際力、研究遂行の基礎となる学識を身につけた人材を育成する。

本専攻で設置している科目の概要は(1)~(3)のとおりである。

(1)専門的職能を有する高度医療人たる薬剤師、専門薬剤師、薬学研究者として指導的役割を担うことを目標として、学位論文作成に向けた基礎研究又は臨床研究を主体とする「医療薬学特別研究(24単位)」

(2)基礎選択科目として、コミュニケーション能力の向上を目標とした語学科目の他、医薬品開発や医療に関わる知識、様々な最新情報を修得できる科目

(3)専門選択科目として、医療現場における臨床的な課題の解決に向けた研究、これを支える薬と疾病に関する基礎的研究、医薬品開発研究などに必要な専門的知識を修得できる科目や臨床研究の遂行能力を有し医療現場で高度医療人として活躍する薬剤師を目指すための科目

医療薬学特別研究24単位、基礎科目2単位以上、専門選択科目4単位以上、合計30単位以上を修得することが修了要件の一部である。

3. 学位授与方針(ディプロマポリシー)

(1) 到達目標
  • 医療現場における臨床的課題の解決に向けた研究、疾病及びその予防に関する基礎的研究、医薬品開発研究などにより社会に貢献するとともに、自立して創造的研究活動を遂行するために必要な研究能力が備わっていること。
  • 豊かな学識、常に人と環境への配慮を怠らない優れた人格を身につけているとともに、薬学研究者あるいは医療人として求められる高い倫理観が備わっていること。
(2) 学位授与要件

博士課程においては、当該課程に4年以上在学し、30単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上で、博士論文を提出し、その論文の審査及び最終試験に合格した者に博士(薬学)の学位を授与する。ただし、在学期間に関しては、優れた業績を上げた者については、当該課程に3年以上在学すれば足りるものとする。

薬学研究科薬学専攻博士課程の研究内容

大講座?研究室/連携機関 研究内容
生命薬学大講座
感染制御学
教授 井上直樹
准教授 腰塚哲朗
  1. 病原体の経胎盤感染機序の解析とワクチン開発に関する研究
  2. 新規抗ウイルス薬の探索と作用機序に関する研究
  3. 消化管粘膜における感染性および炎症性疾患の治療に関する研究
  4. 自然免疫活性化シグナル伝達の制御に関する研究
医療薬剤学大講座
薬物動態学
教授 北市清幸
  1. 薬物血中濃度測定系の確立に関する研究
  2. TDMを用いた薬物適正使用のための臨床研究
  3. 精神疾患における薬物治療の最適化に関する研究
  4. 健康食品素材の機能性、医薬品との相互作用に関する研究
臨床薬剤学
准教授 原宏和
  1. 慢性炎症基盤病態の発症?増悪分子メカニズムに関する研究
  2. 虚血性脳障害の分子機構および脳保護薬開発に関する研究
  3. 糖尿病とその関連疾患に対する予防薬の探索研究
  4. 医薬品の適正使用を支援する研究
薬物治療学
准教授 位田雅俊
  1. 神経疾患の病態を明らかにし、有効な治療薬を開発する研究
  2. 特発性脳内石灰化症の病態を解明し、治療薬を開発する研究
  3. 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病態を解明し、治療薬を開発する研究
  4. メタロチオネイン、iPS細胞を活用し、新しい治療薬を開発する研究
実践薬学大講座
病院薬学
教授 寺町ひとみ
准教授 舘知也

実践社会薬学
准教授 林秀樹

医薬品情報学
教授 中村光浩

グローバル?レギュラトリー?サイエンス
教授 塚本桂
  1. 医薬品の個別適正使用に関する研究
  2. 実践的?効率的な薬剤師教育に関する研究
  3. 安全かつ効率的な注射薬調製支援システムの開発に関する研究
  4. 嚥下困難な患者を対象とした新規剤形の開発に関する研究
  5. 保険薬局における情報提供のための事実検証に関する研究
  6. 生体マトリックス中薬物濃度の高感度分析法に関する研究
  7. 医薬品開発、申請承認に関する研究
  8. 医薬品?医療の価値評価に関する研究
寄附講座
地域医療薬学
教授 寺町ひとみ(兼務)
准教授 林秀樹(兼務)
特任教授 小原道子
  1. 在宅医療における薬剤師の活動に関する研究
  2. 災害医療における薬事支援管理システムの開発に関する研究
  3. 医薬品の流通や販売における社会薬学的研究
  4. 地域における多施設連携の研究者主導型臨床薬理研究
  5. 一般用医薬品に関する教育プログラム開発研究
在宅チーム医療薬学
准教授 林秀樹(兼務)
准教授 井口和弘(兼務)
特任教授 甲斐絢子
  1. 在宅医療での多職種連携チーム医療の推進に関する研究
  2. 在宅医療での薬剤師の職能確立に関する研究
  3. 在宅医療で活躍できる薬剤師養成教育プログラムの構築に関する研究
  4. 在宅医療での患者?家族のQOL向上に関する研究
  5. 在宅医療における医療経済及び医療、介護制度に関する調査研究
連携大学院
岐阜県保健環境研究所
客員教授 細井紀也
准教授 田中宏幸
  1. 医薬品?農薬?食品添加物等の成分分析に関する研究
  2. 感染症?食中毒の原因となる病原体の分子疫学的研究